ケニア政府が新しい貯水タンクを作ってくれたよ! ただし… / マサイ通信:第420回


スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。ところで、オレたち、ケニアのアンボセリに住むマサイ族たちが「水」に苦労しているのは知ってるよな? そもそもこの連載が始まったのも「水」のためだったくらいで。

ところが最近、オレたちのエリアに、すっごい便利な施設が完成したのよ! そう、水!! 貯水タンクっていうのかな? とにかく常に水が貯まっている場所ができたのさ。超ハッピー! そしてそして、ありがたや〜!!

作ってくれたのはケニア政府。ちなみにコレ、井戸ではない。でも、水はアンボセリの地下から来ている。パイプを使って、水が来ている。それって井戸なような気もするが、断じて「井戸」ではないらしい。

Sponsored Link

その証拠に、もしも井戸ならオレは素直に「well(井戸)」と表現するが、この施設に関しては「big tank to store water(水を貯める大きなタンク)」と名付けたい。だって井戸ではないのだから。

なお、この施設、誰が使うのかというと、人間ならびに動物だ。ちゃーんと飲める水が貯まっている。オレの村からは約6kmくらいの距離にあるからオレはあまり利用しないと思うけど、近くに住んでいる人は便利になるだろうな。いいな〜。オレセリ!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む