【純喫茶】東京・中野の「不純喫茶ドープ」に早くも2号店(上野御徒町)誕生! 100点満点のプリンを食べるべし!!


空前の純喫茶ブーム到来! 昔馴染みの老舗はもちろん、新規店舗も昭和のモダンな雰囲気を感じさせるつくりをしたお店が増えている。東京・中野に2020年7月末に誕生した「不純喫茶ドープ」も、新しいのに懐かしさの漂う喫茶店だ。

そのドープが10月24日、東京・上野御徒町に早くも2号店を誕生させた。中野の看板カラーが青だったのに対して、こちらは緑。そのため通称「緑ドープ」と呼ばれている。行ってみるとここにもあったぞ! 教科書に載るようなお手本の「昭和プリン」が!!

・早くも2号店

中野のドープは開店前からネット上で注目を集めていた。ガールズバンド『東京初期衝動』のメンバーしーなちゃんが看板の画像をTwitterに投稿したのをきっかけに、注目を集めるお店となった。昼は喫茶、夜はお酒を出す店(酒場)として営業をしている。

中野店は青いひさしが目印になっていたが、こちらは緑の看板が目印。

ポップな「ドープ」の文字に、親しみを感じる。

・現金決済不可

昼の喫茶タイム(12~17時)のメニューは中野店と同じ。コーヒーに窒素ガスを含ませた「ニトロコーヒー」(税別550円)、看板メニューの「クリームソーダ」(税別580円)。喫茶店の定番「ナポリタン」(税別880円)、「ホットケーキ」(税別480円)など、必要最小限の手堅い品々がそろっている。なお、このお店は現金での決済不可、交通系電子マネーやクレジットカードなどでの支払いのみなので要注意だ。

今回注文したのはニトロコーヒーと、「だし巻き卵サンド」(税別780円)。それに「昭和プリン」(税別580円)である。プリン好きを自負する私(佐藤)としては、プリンは絶対にはずせない! このままジジイになってもプリンを食べてやる!!

・色鮮やかなだし巻き

しばし待つと注文の品がそろった。まず目を引くのはだし巻き卵サンドだ。目の覚めるような黄色!

Sponsored Link

ここまで混じり気のない黄色のだし巻き卵を見るのは初めてだ。まぶしい、まぶしいぞ!

しかもパンからだし巻き卵がはみ出している。最近コンビニのサンドイッチの具材の詰め方が話題になっているが、ここは惜しみなく具材を詰め込んでいる。

食べると、だしの旨味と辛子マヨネーズの辛味がバッチリとマッチしている。見た目だけでなく、味も期待を裏切らない。

・100点のプリン!

そしてプリンだよ、プリン! 銀の器・生クリーム・サクランボ、100点! これぞ、昭和のプリン!! 中野店のプリンにも100点をつけたけど、ここ上野御徒町店のプリンも100点ですよ!!

2つの店舗でそれぞれプリンを食べてわかった! ここのプリンのもっとも素晴らしい点が!! それはカラメルソースにある。固めの生地も素晴らしいけど、カラメルソースの苦みが絶妙なんですよ。苦すぎず甘すぎない。主役の生地を引き立てる最高のバランスを保っている。これがなければ80点止まりだったかもしれないところ、プラス20点の仕事をしているんですよ! ここのカラメルソースは!!

プリン好きには強くオススメする。いまだドープのプリンを知らないとしたら、令和時代の喫茶店プリンを知らないといっても良い。ぜひ1度、食べてみて欲しい。絶対納得するはず!

・今回訪問した店舗の情報

店名 不純喫茶ドープ 上野御徒町店
住所 東京都台東区上野1-8-3上野鈴木ビル1F
時間 12:00~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24