今まで何度負けてきただろう。夕暮れに染まる駅のホームに立つと、私(中澤)はこれまでの自分を顧みずにはいられない。気づけば遠くまで来たものだ。 訪れたのは京成線青砥駅。2021年2月1日、下町を臨むこの駅の雰囲気にぴったり […]