「時代の流れだね」おぎやはぎ、加藤浩次の吉本エージェント契約終了を語る


no title

1: 名無しのがるび 2021/03/12(金) 01:15:39.40 _USER9.net

オリコン

おぎやはぎ、加藤浩次の吉本エージェント契約終了を語る 芸能界の変化も指摘「時代の流れだね」

 お笑いコンビ・おぎやはぎが、11日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)に出演。かねてから交流のある極楽とんぼ・加藤浩次が、9日に吉本興業とのエージェント契約終了が発表されたことを受け、コメントを寄せた。

 番組冒頭で、矢作兼は「不思議なもんだよね。もともとはやめるつもりでいたんだよ。あの時やめていたら、やめるつもりですからって。あの時にお互いの妥協点を決めて、エージェント契約でどうだって、ちょうどいいところで進んで、2年間進んだ時に延長しないって言われると、えってなるもんだよね」とコメント。

Sponsored Link

 小木博明が「不思議と山さん(山本圭壱)が吉本にいて、入れ替わっているのが…」と指摘すると、矢作は「これこそ、時代の流れでさ、昔だったら、事務所やめるってなかったけど、ここ1~2年はね…。これは時代だね。プロ野球とかもそうじゃん、そんなに簡単にやめられなかったから」と事務所をやめて、新たな一歩を踏み出す流れが加速化していると語った。その上で、小木が「その流れがやっと芸能界にも来ているんだね。これは起きるべくして起きたっていうことだろうね」と話していた。

 加藤は10日、MCを務める日本テレビ系朝の情報番組『スッキリ』(月~金 前8:00)に生出演し「ちょっとあの、個人的な時間を取らせてもらってもいいですか?」と切り出すと「吉本とのエージェント契約は延長しないことになりまして」と自らの口で報告。

 ちょうど3月が契約更新時期だったそうで、「吉本興業さんの方から契約は延長しないと言われまして。契約書に双方が延長しないと言えるってなったから、契約違反でもなんでもない」と強調。「僕自身が発案したエージェント契約だったから、僕は続けたかった部分もあったんだけど、会社の方から契約延長しないと言われたら、ノーというわけにはいかないので。それはお互い納得の上で契約がなくなるということになっちゃった」と語っていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/03901ad23323795f6a4232470fa478a46145b426


続きを読む
元記事で続きを読む