【予想】『相棒』水谷豊の“5代目相棒”←誰がいい??


no title

1: 名無しのがるび 2021/04/12(月) 05:21:02.51 _USER9.net

 シーズン19が終了し、『相棒ロス』に陥っている人もいるのでは?開始から21年という長きにわたり、高視聴率を誇り続けるドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。水谷豊演じる杉下右京とさまざまな事情を背負う“相棒”との秀逸なストーリーが、多くの人の心をつかんできました。そんな次の『相棒』を、ファンのみなさんに大胆予想してもらいました!

もはや恒例! 次の「相棒」は誰だ!?
 3月17日にドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン19が最終回を迎えた。同作は2000年に2時間の単発ドラマで放送されて人気を博し、その後連続ドラマ化、映画化、スピンオフ映画など幅広く展開。20年ものあいだ多くのファンを魅了し続けている。

『相棒』は、水谷豊演じるキレ者すぎて警察組織内で疎まれている警視庁特命係の警部・杉下右京が事件に首を突っ込んで、勝手に解決する刑事ドラマ。英国紳士な振る舞いをする“右京さん”とともに捜査に奔走する“相棒”とのやりとりが見どころだ。

 初代相棒の亀山薫(寺脇康文)を筆頭に、2代目神戸尊(及川光博)、3代目甲斐享(成宮寛貴)と代替わりをして、反町隆史が4代目相棒の冠城亘を6年間演じている。

Sponsored Link

『相棒19』のラストで冠城の卒業は発表されなかったが、シリーズが終了するたびに“次の相棒は誰か”という考察がファンのあいだで盛り上がり、もはや風物詩となっている。テレビ朝日関係者は相棒選びについてこう明かす。

「相棒の選定は、水谷豊さんの意向をうかがいつつ、ドラマに深みが出る人物を選ぶ傾向があります。偶然にも男性の相棒が続いていますが、もちろん女性も対象になります。ただ、人気作というプレッシャーやシーズンが続くと拘束期間が長くなるなど、ハードルが高い仕事なのも事実。引き受ける側も慎重にならざるをえない事情はありますね」

 性別や年齢を問わず、人気作の重圧に打ち勝ってスケジュールの調整もできる人物……凶悪犯を探し出すレベルの難問かもしれない。

 そこで今回はシーズン19の終了を記念して、相棒を愛するファンたちに「次の相棒」を大胆妄想、もとい大胆予想してもらった。

脳筋系→知的系、繰り返しの法則
 まず名前が挙がったのが、子役出身の若手俳優・神木隆之介だ。

「ちょっと若すぎるかもしれませんが、優しくて素直な印象がある神木クンからは実直な“亀山イズム”を感じます! ただ、初代は頭脳担当の右京さんと体力担当の亀山というバランスでしたが、神木クンの場合は文系のバディになりそうですね」(40代/女性)

https://news.livedoor.com/article/detail/20007982/
週刊女性PRIME


続きを読む
元記事で続きを読む