【朗報】新垣結衣、八重役で大河ドラマ初出演決定!!


no title

1: 名無しのがるび 2021/04/15(木) 10:03:45.46 _USER9.net

女優の新垣結衣(32)が来年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」にレギュラー出演し、大河ドラマ初出演を果たすことが15日、分かった。主人公の鎌倉幕府2代執権・北条義時(小栗旬)の初恋の相手・八重役を演じる。2005年1月の女優デビューから17年。ついに大河ドラマに進出する。

ヒットメーカーの三谷幸喜氏(59)が脚本を手掛け、俳優の小栗旬(38)が主演を務める大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームを描く。三谷氏は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本、小栗は大河初主演に挑む。

Sponsored Link

今月9日に第2次出演者を似顔絵付きで予告した三谷氏は「八重は非常にドラマチックな人物ですね。(脚本を)書いていても、この先どうなっちゃうのかなというぐらい、すごくスリリングなキャラクターになっております。(主人公の)北条義時(小栗)に愛され、そして源頼朝(大泉洋)にも愛される。クレオパトラ、いましたね。クレオパトラみたいな感じです。ジュリアス・シーザーに愛されて、そしてアントニーにも愛される。(八重は)実際にいた人ですね」と説明していた。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/cc9b8d5c3e62935356f499cb54d900ed31af883c


続きを読む
元記事で続きを読む