【悲報】コブクロ黒田「文春の不倫記事はデタラメ!出版差止めや!」裁判所「ダメです。」


no title

1: 名無しのがるび 2021/05/11(火) 20:10:30.65

「週刊文春」が黒田に取材を申し入れると、代理人弁護士から、A子さんは黒田のストーカーであること、自殺未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」と認識している旨の回答があった。また、黒田とA子さんとの不倫関係については回答しなかった。

ただ、「週刊文春」の取材によれば、A子さんが70錠以上の抗うつ薬、睡眠薬などを服用していたとする診断は確かに存在していた。
黒田は、「週刊文春」の報道はストーカーを助長する行為にあたるとして、5月10日に出版差し止めの仮処分を請求。だが5月11日、東京地裁は仮処分申請を「差し止めの要件を充足しない」として却下、A子さんの自殺未遂についても、虚偽であるとまで認めることはできないとした。

出版物の事前差し止め請求という、異例の行為を行ってまで、黒田が報道を差し止めたかったA子さんとのトラブルとは一体、何だったのか。

Sponsored Link

https://bunshun.jp/articles/-/45398

2: 名無しのがるび 2021/05/11(火) 20:10:53.79
なぜ…


続きを読む
元記事で続きを読む