【恐怖体験】「おう、お前か。早いな」 と応える。他人の空似ではなく、間違いなく兄その人。


ELFADSC06427_TP_V

若かりし頃、早朝に川沿いの土手をジョギングしていたら、前方に一人の男が立っているのが
見えてきた。田舎にいるはずの兄だ。

続きを読む
元記事で続きを読む