【ヤニカス】60代老害「たばこを自由に吸う権利を奪うもので憲法に反する!受動喫煙対策をするな!」


K10013252911_2109101400_2109101414_01_04 (2)

0 :ハムスター速報 2021年9月9日 17:25 ID:hamusoku
受動喫煙対策強化の健康増進法は“違憲” 都内の男性 国を提訴

受動喫煙対策を強化した改正健康増進法について「たばこを自由に吸う権利を奪うもので憲法に反する」と主張して、都内に住む喫煙者の男性が国に賠償を求める訴えを起こしました。

東京地方裁判所に訴えを起こしたのは、東京 八王子市に住む喫煙者の60代の男性です。

去年4月に全面的に施行された改正健康増進法では、学校や病院、行政機関などは屋内を完全に禁煙にすることや規模が大きい店や新たに営業を始める店は喫煙室以外、禁煙にすることなどが盛り込まれ、受動喫煙対策が強化されました。

Sponsored Link

男性は「喫煙そのものは法律で認められているにもかかわらず、飲食店や公共的な場所から喫煙者を排除しようとするのは個人の権利を不当に奪うものだ。たばこを吸う人を差別的に取り扱う法律で、憲法に反する」と主張し、国に200万円の賠償を求めています。

会見で男性は「たばこを吸いながら店で食事をする楽しみを永久に奪われた。どこでもたばこを吸えるようにしてほしいとは言わないが、喫煙者だけを排除する法律はやりすぎだと感じる。吸う人も吸わない人も共生できる社会にしてほしい」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013252911000.html

元記事で続きを読む