【恐怖体験】「誰か来たっ!」 喜んで顔を上げた彼の目の前に、ずんぐりとした、何とも奇妙な者がいる。 身の丈は一メートルもないだろう。


G145_nagarerutakitoyama_TP_V

彼はかつて、山中で仲間とはぐれて遭難しかけたことがある。
不安から歩き続けた彼は、脱水症状を起こして倒れてしまった。

続きを読む 元記事で続きを読む