【福岡】ベンツで中学生を殺害した山田穣被告「スーパーカーで商店街走ったら警察から注意された」「車の性能が良いので心地よかった」


ヤマダ

0 :ハムスター速報 2021年10月29日 11:00 ID:hamusoku
上下黒のスーツ姿で入廷したスキンヘッドの男。過失運転致死の罪に問われている山田穣被告(57)。

「スーパーカーで商店街走って…」高級車暴走で中3生死なせた57歳男 何度も目撃された“危険な運転”【福岡発】

起訴状によると山田被告は、2021年5月、福岡市早良区の城西橋の近くで制限速度を30km超える時速80kmで車を運転し、友人と自転車で道路を横断していた中学3年の男子生徒をはねて死亡させたとされている。

記者:
危ない運転をしていたことは?

山田穣被告:
前後、多少ね、空いていたので。のんびりのんびり行ったりしているわけではないので

そして迎えた初公判。検察側は「日頃から激しくクラクションを鳴らすなどの運転をしていた」と指摘。また事故直前の「危険な運転」にも言及した。

Sponsored Link

検察側(取材メモより):
制限速度を大きく超える速度で運行したうえ、前方を走行する車両に対してクラクションを激しく鳴らすなどし、これらの車を追い越すなどしていた

弁護人:
事故の原因は

山田穣被告:
根本的にはスピード違反だと思います。車の性能が良くなって、スピードを出したときの感覚が自分の中で心地よかったので、スピードを出すことに慣れてしまっていた

検察:
(普段の)運転で危険だったなと、今 思うことは?

山田穣被告:
スーパーカーで商店街を走ったら、警察官から注意を受けた

日ごろの危険な運転も概ね認めた山田被告。後悔の言葉も口にした。

弁護人:
どう償う?

山田穣被告:
私は生きている。どうしようもない。何度も反省した。仏壇に向かって日々祈りを捧げ続けていきたい

https://www.fnn.jp/articles/-/260059

元記事で続きを読む