平成の格闘王 高田を破った400戦無敗「最強一族グレイシー柔術」とはいったい何だったのか


123

1: お前名無しだろ 2021/10/21(木) 18:17:07.16 ID:CAP_USER9
 10・11=10月11日は格闘技ファンには忘れられない日付だ。24年前となる1997年のこの日、高田延彦がヒクソン・グレイシーに敗れPRIDEが始まった。両者の再戦は翌98年、同じ10月11日に行われ、再びヒクソンが勝利。ヒクソン、敵役としてのグレイシー柔術がPRIDEを生み出した。

 当時世界最大の格闘技イベントだったPRIDEだが、現在その座を奪ったUFCの誕生にもグレイシー一族が関わっている。1993年11月12日、ヒクソンの兄ホリオン・グレイシーが仕掛けた第1回UFCでヒクソンの弟ホイスが優勝。その過激なルールとケン・シャムロック、ジェラルド・ゴルドーといった選手が敗れたことで日本でもセンセーショナルに報じられた。

 細身で決して強く見えないホイスはその後も敵役としてPRIDEにおけるヒクソンのようにUFCを牽引。第1回UFC優勝後に放った「兄は私の10倍強い」という言葉に関係者が目をつけ、ヒクソンの第1回来日ファイトに繋がった(94年7月、VALE TUDO JAPAN)。グレイシーの存在なしに現在の格闘技の隆盛はなかったし、UFCとPRIDE、2大ブランドの起爆剤となったのは間違いない。

Sponsored Link

 PRIDEは高田とヒクソンの対戦がきっかけとなり誕生したが、その戦いは高田の弟子の桜庭和志とヒクソンの親族であるグレイシー一族との戦いに形を変え継続される。高田に続いて船木誠勝を破り敵役としての存在を極めたヒクソンだが、桜庭がPRIDEでホイラー、ホイス、ヘンゾ、ハイアンとグレイシー一族を次々破ったことでプロレスファンの溜飲を下げた。桜庭はグレイシー・ファミリーとの戦いで格闘技界を超えたスターとなり、PRIDEも一般層に届くブームとなった。

 だが、グレイシー一族の後にヴァンダレイ・シウバが桜庭のライバルとして台頭、さらに新たな柔術の使い手としてアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが登場し、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップといったスター選手も続々生まれ、グレイシーはメインストーリーの担い手から外れていく。

 UFC誕生から間もなく30年、柔術とMMA、どちらにおいてもグレイシーの先行優位性はすでに保たれなくなっている。クロンもネイマンも柔術以外の要素(打撃や様々なトレーニング)を取り入れ、その上で苦闘を送っている。ルーツの柔術を守りながら、新たなものを取り入れ磨く――MMAにおけるグレイシー柔術の現状、あるべき姿を彼らが象徴的に表しているのかもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe35e7a4f915de23c39c0de06a62eb5bd3a4cf8


続きを読む 元記事で続きを読む