【PRIDE】小川直也が2005年大晦日・吉田秀彦との対戦を語る「足を折られてから、ほぼ思考能力がなかった」


6585678

1: 名無しさん@恐縮です 2021/12/28(火) 10:23:53.58 ID:CAP_USER9

 小川直也「相手もわかっていたしね…」 2005年大みそか・吉田秀彦と “平成の巌流島” 決戦 衝撃事実を告白

【大みそかバトル激闘史2】2005年12月31日、さいたまスーパーアリーナで行われた「PRIDE男祭り」では、大みそか決戦史上に残る「決闘」が行われた。

 吉田秀彦 VS 小川直也。

Sponsored Link

「平成の巌流島」と呼ばれた一戦は明大柔道部の先輩後輩対決、バルセロナ五輪の金・銀メダリスト対決、勝負師対ハッスル・キャプテンなどと数々の副題がついた。

しかも両雄の関係は「水と油」「犬猿の仲」とされ、両者出席の会見では異様な殺気が漂い、決闘ムードは高まるばかりだった。さらに小川の最大ライバルで盟友だった橋本真也が同年7月に急死。暴走王が亡き破壊王への弔い合戦をテーマに打ち出したことから、いやが応でも盛り上がった。(全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8db19a4183b72c6204d40759b43172630af7b7ed

続きを読む 元記事で続きを読む