【RIZIN.33】扇久保博正に敗れた井上直樹「作戦を試合の中でもっと考えるべきだった」


スクリーンショット (3369)

348: 実況厳禁@名無しの格闘家 2022/01/01(土) 00:21:27.48 ID:bvs5TZlw0

世界の井上顔ボコボコやんけ

 2021年大晦日、さいたまスーパーアリーナ『RIZIN.33』のメインエベント「JAPAN GP2021バンタム級トーナメント」決勝は、波乱の結末となった。

この日の第2試合、第3試合で行われた同トーナメント準決勝で「本命」朝倉は、新鋭・瀧澤謙太(フリー)に順当に勝利。

Sponsored Link

だが「対抗」あるいは「W本命」とも目されていた井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)は、1ラウンド目こそ試合を優位に進めるも、2ラウンド途中から失速。

以降、伏兵・扇久保博正(パラエストラ松戸)に削られ続け判定で敗れた。

番狂わせに超満員(観衆22499人/主催者発表)のアリーナ内が騒然となる。 これにより、決勝のカードが「朝倉海vs.扇久保博正」となった。(全文は以下リンク先参照)

https://news.yahoo.co.jp/byline/takaokondo/20220101-00275403

続きを読む 元記事で続きを読む